不動産の探し方-不動産屋・不動産検索サイトのメリット・デメリット-

 

f:id:mitchaki:20190206080625p:plain

 家を探すときって不動産屋に行くべきだろうか、それとも不動産サイトで探すべきだろうか。

 

家を探す前に疑問に思うことだと思います。

 

僕も一人暮らしを始めようとしたときにどっちがいいのか分からず、探し方が適当になってしまったことがありました。笑

 

結果、僕の場合はとりあえずで不動産屋に行って大失敗するわけですが・・・笑

 

どちらもメリットとデメリットがあるので、人によって向き不向きも出てきます。

 

しっかりメリット・デメリットを解説していきますので参考にしてもらえれば嬉しいです!

 

家の選び方が分からない!って人はこの記事を参考にしてくださいね!


blog.mitchaki.com

不動産屋のメリット・デメリット

f:id:mitchaki:20190206074144j:plain

引っ越す家を決めるときは不動産屋に行って相談しながら探すイメージがありますよね。

 

そんなイメージからか個人的には、家を探すときは不動産屋に行くのが安心な気がしてしまいます。笑

 

しかし当然不動産屋で家を探すデメリットもあるわけです。

 

不動産屋に行くメリット・デメリットを紹介していきます!

 

メリット

人に相談できる

ニーズを詳しく伝えられる

気になったらすぐに見に行ける

 

・人に相談できる

お家を探していたら疑問に思うことって出てくると思います。

 

その疑問がインターネットで検索して解決できることだったらいいですが、自分の人とは違ったこだわりだったり、個人的な悩みだったらインターネットで検索しても解決できないこともあります。

 

そんな場合、不動産屋で家探しをしていると不動産屋の人に相談できるのでかなり助かります。

 

こんな悩み解決できるの・・・?なんて悩みでも親身になって聞いてくれますし、可能な限り解決できるような提案をしてくれます。

 

・ニーズを詳しく伝えられる

不動産検索サイトでも確かに条件を入力して物件を探すことができますが、条件として入力できるのは家賃や部屋のタイプなど一般的に物件を探すときに気になる点のみです。

 

なので、もし個人的な悩みがあったり、検索サイトよりも詳しい条件で物件を絞りたかったりという人には大きなメリットとなります。

 

人に相談できるというメリットと似ていますが、自分の要求を妥協せず詳しく伝えられるのは不動産で家を探す強みの1つです。

 

・気になったらすぐ見に行ける

不動産検索サイトで物件を探す場合、物件の写真を見ることはできますが実際どのような感じなのかということを知ることはできません。

 

どのような写真もそうですが、写真とはよく見えるように撮られますし、音やにおいなど目から得られない情報は写真からは得られないので見に行かないことには実際の様子は分かりません。

 

不動産屋で家探しをすると気になる物件があった場合、物件が見に行ける状態であればすぐに見に行くことができます。

 

不動産屋から離れたとこにある物件だとしても、車で連れて行ってくれますし、時間やお金がかかることもありません。

 

デメリット

物件を探すことに時間がかかることがある

サイトで検索するほどたくさんの物件を見れない

向こうの都合で話されることがある

 

・物件を探すことに時間がかかることがある

そもそも不動産屋で物件を探すためには不動産の担当の人の手が空いていなければいけません。

 

そのため、不動産屋に行ったはいいけど、長時間待つことになった今日は人が空いてないから無理だと言われた、なんてことも十分あり得ます。

 

二度目以降は同じ人に担当してもらわなければ自分の伝えたことをもう一度伝えることになってしまうので、同じ人に担当してもらおうと思うと更に空きの可能性は下がってきます。

 

なので不動産屋に行って物件を探そうと考えている人は不動産屋に行く前に電話を入れるのが必須です!

 

・サイトで検索するほどたくさんの物件を見れない

不動産屋で物件を探すと1つ1つの物件について不動産屋の人が丁寧に話をしてくれます。

 

これはいいことでもあるのですが、一方で2,3時間不動産屋にいたはずなのに気づいたら5つの物件しか確認できていないなんてこともあります。

 

時間がかかっても納得できる物件が見つかるのであれば良いのですが、どうなんだろう・・・ぐらいの気持ちで話を聞いていて納得できなかったときは、正直時間もったいなかったなあなんて感じてしまうかもしれません。笑

 

ある程度はっきりした希望があれば不動産屋の丁寧さはありがたいのですが、はっきりとした希望がない場合はその丁寧さが効率の悪さにつながってしまうので注意が必要です。

 

・向こうの都合で話されることがある

不動産屋は営業であるため当然物件を売りたいわけです。

 

ですから基本的にマイナスな発言はせず、プラスの発言をするのです。

 

どの物件にも確実にマイナスな面があるというわけではありませんが、どれだけ不動産屋が良いことを言っていたとしても、もしかしたらマイナスの面があるのかもしれないなという考え方を捨てないということは重要なことです。

 

この考え方を持っていることで、生活を始めて思わぬ後悔をするという可能性を大きく減らすことができます。

 

不動産サイトのメリット・デメリット

f:id:mitchaki:20190206074322j:plain

インターネットが普及してスマホを持つことも一般的になってきて、SUUMOなどの不動産サイトを使って物件を探す人もいると思います。

 

あまり不動産サイトを使って物件探しをしたことがない人の中には不動産サイトを使うということに不安を感じる人もいるかもしれません。

 

でも、不動産サイトには不動産屋に行って探すのとは全然違う良さがいっぱいあるんです!

 

不動産サイトについてのメリット・デメリットは以下の通りです!

 

メリット

たくさんの物件を頻繁に確認することができる

時間がなくても物件を探せる

ある程度の条件は絞れる

 

・好きな物件を好きなだけ確認することができる

不動産サイトを使って物件を探すと、気になった物件があれば片っ端から保存できますし、これはいいや・・・と感じたらすぐに次の物件を見ることができます。

 

不動産サイトには営業時間なんてありませんので自分が見たいだけ物件を見ることができます。

 

この回転率の高さが間違いなく不動産サイトを使う一番のメリットでしょう。

 

 空き物件の情報は日に日に更新されていきますので、毎日好きなだけ確認できる不動産サイトを使って物件を探すと自分の好みにぴったりの物件や掘り出し物を見つけることができる可能性がかなり高くなります。

 

・時間がなくても物件を探せる

不動産サイトを使って物件を探す場合、スマホやパソコンがありさえすれば物件を探すことができるので、不動産屋に直接行って物件を探すのに比べて時間に融通がききます。

 

スマホやパソコンがあれば物件を探すことができるということは、移動時間や家での隙間時間などに物件を探すことができるということです。

 

不動産屋で物件を探す場合は店舗に行く手間や、不動産屋と予定が合うときにしか物件を探せないという不便さがありましたが、不動産サイトを使う場合そんなことは考えなくていいのが大きなメリットです。

 

・ある程度の条件は絞れる

不動産サイトを使った場合においても、独立洗面台が欲しい、ペット可の物件がいいなどの一般的な条件は絞ることが可能です。

 

他人にはないような個性的なこだわりがあるという人は不動産サイトを使いにくいかもしれませんが、そうでない人は不動産サイトを使ったほうがスピーディーに良い物件に出会えるかもしれません。

 

デメリット

実際に物件を見ることができない

気になることが分からないことがある

詳しい条件で絞れない

 

・実際に物件を見ることができない

不動産サイトを使って物件を探す場合、当然ですがその場では物件の中を見ることはできません。

 

写真が何枚かあるという場合が多いのですが、写真だけでは判断できないこともたくさんあります。

 

その物件を取り扱っている不動産屋に連絡すれば後日見に行くことはできますが、時間のない人の中には条件が良かったから何も見ずに決めるなんて人もいると思うので注意が必要です。

 

手軽に調べられるのが不動産サイトのメリットですが、住んでから後悔するというのは本当にもったいないことなので入居を決める前に一度は内見をしに行くべきです。

 

・気になることが分からないことがある

不動産サイトに物件の情報はある程度は載せてあるので基本的な情報は手に入ります。

 

しかし、実際どのぐらい音漏れするのかなど個人的に気になるような情報は手に入らないこともよくあります。

 

よく分からないけどいいか、で物件を決めて後悔するのはやはりもったいないです。

 

不動産屋の人の話を聞き、実際に物件を見るために一度は時間に余裕をもって不動産屋には行くべきでしょう。

 

・詳しい条件で絞れない

 不動産サイトのデメリットであり、不動産屋で物件を探すメリットである部分です。

 

何度も繰り返し言いますが、不動産サイトではある程度の条件は絞れますが、あまり一般的ではないこだわりまでは絞れません。

 

不動産サイトを見て条件が絞れない場合は不動産屋に行って相談すべきでしょう。

 

あなたはどっち?不動産屋・不動産検索サイトはこんな人におすすめ

f:id:mitchaki:20190206074510j:plain

不動産屋と不動産検索サイトそれぞれの特性を紹介してきました。

ここではこれらの探し方がどのような人に向いているのかを紹介していきます!

 

不動産屋

・時間のある人

・実際に建物をじっくり見て決めたい人

 

不動産屋の店舗に行って物件を見て決めるのが向いている人はとにかく時間があり、じっくり決めたいという人です。

 

不動産検索サイト

・時間のない人

・個性的なこだわりがない人

 

不動産検索サイトで物件を探すのに向いている人は、あまりまとまって時間が取れず人と大きく変わったこだわりがない人と言えるでしょう。

 

まとめ

ここで紹介したことが役に立てば嬉しいです。

 

不動産屋、不動産検索サイトそれぞれのメリット・デメリットを紹介してきましたが、どちらも長所と短所がありますので自分に合った物件の探し方をしてください!

 

ちなみに個人的には不動産検索サイトである程度探してから不動産屋に行くというのがおすすめです。笑

 

できるならそうしてるわ!

 

まあそうですよね。笑

 

長く生活する場所を決めるわけですから焦らずじっくり探してくださいね!