【引っ越し】やることチェックリスト 1か月前編

f:id:mitchaki:20190325212112p:plain

ここでは引っ越し予定日の1か月前までにやるべきことを紹介していきます。

 

1か月前とは言いますが、引っ越し日の直前になると意外とバタバタしがちなので先にできることは先にしておいて作業に余裕を持たせるのがおすすめです。

 

また、引っ越し業者に依頼する場合と自分自身で引っ越しをする場合とでやるべきことが異なることがあるので、それぞれ分けて紹介していきます!

 

 

これはマスト!引っ越しを業者に依頼する場合・自分自身でする場合のどちらでもやるべきこと

 

引っ越しを引っ越し業者に依頼するとしても、自分自身でするとしても、共通して1か月前までにやらなければいけないのは以下のことです。

 

新居の決定

管理会社・大家に退去の連絡

駐車場の解約

車・バイクの処分

不用品の処分

インターネットの解約や住所変更

インターネットの工事予約

転校の手続き

転居はがきの発送

自宅の固定電話の住所移転

 

 

新居の決定

 

f:id:mitchaki:20190325204448j:plain

新居が決まらないことには引っ越しは始まりません。

 

まずは不動産検索サイトや不動産屋に行って新居を選ぶことから始めましょう。

 

新居の探し方が分からないよ!という人はこの記事を参考にしてください!

 


blog.mitchaki.com

 

管理会社・大家に退去の連絡

 

f:id:mitchaki:20190325204611j:plain

引っ越しが決まったらまずは管理会社や大家さんに退去の連絡を入れるようにしましょう。

 

退去日を知らせるのは、一般的には退去日の1か月前までとなっていることが多いのですが、2か月前までに知らせるような契約になっていることもあるので厳密な期限は賃貸契約書を確認するようにしましょう。

 

決められた日までに退去する旨を伝えなかった場合、期日から過ぎた分の家賃を支払わなくてはならない可能性があるので注意が必要です。

 

僕も3月の中旬に引っ越しすることを3月の頭に伝え、結局3月いっぱいの家賃は払うことになってしまったことがありました。汗

 

2か月前までに退去の旨を伝えなければならない場合のように、期日が引っ越し予定日よりも早くて前もって伝えれなかった場合は、その旨を伝えて相談してみましょう。

 

退去の旨を伝えるのと同時に残りの家賃の清算の方法も聞いておくと良いでしょう。

 

駐車場の解約

 

f:id:mitchaki:20190325204731j:plain

車を所有していて駐車場を契約している場合は、こちらも解約の連絡が必要となります。

 

駐車場にも解約の旨を伝える期限があるので、賃貸契約書を確認し、期日に遅れないように伝えるようにしましょう。

 

車・バイクの処分

 

f:id:mitchaki:20190325204840j:plain

引っ越しの時に意外と重要になるのが車やバイクの取り扱いです。

 

特に都心部に引っ越す人は駐車場代が高く、普段は公共の交通機関を使うので車に乗らないのに、保険や税金でお金がかかるなど維持費が高額になってしまうために早めに処分してしまったほうが良いということが多いです。

 

処分することを決めてしまったら早めに複数社に見積もりを出してもらうようにしましょう。

 

愛車を少しでもいい条件で引き取ってもらうと引っ越し費用や生活費にもあてられるので生活に余裕ができるでしょう。

 

不用品の処分

 

f:id:mitchaki:20190325205026j:plain

不用品は捨てる、売る、譲るのいずれかで処分しましょう。

 

ちいさなものは自分で捨ててしまえばいいのですが、冷蔵庫のような大きなものになるとそういうわけにはいきません。 

 

冷蔵庫のような大きな家具を捨てるときは不用品業者に連絡して引き取ってもらうのが一般的です。

 

特に引っ越しシーズンである2月、3月は不用品業者に不用品の回収をお願いする人が多いので早めに連絡しておかなければ回収してもらえないということも考えられます。

 

また不用品業者に回収してもらうのはお金がかかるので、リサイクルショップやフリマアプリで売却する、知り合いにあげるといった譲るという形で処分するのが理想的かもしれません。

 

インターネットの解約や住所変更

 

f:id:mitchaki:20190325205219j:plain

インターネットの契約は会社によって解約締め日が異なり、早めに解約の手続きをしないと翌月の料金も支払わないといけなくなることがありますので、解約する場合は引っ越しが決まったら早めに解約手続きをするようにしましょう。

 

また、ルーターなどの機器をレンタルしている場合はその機器の返却もあるので、機器の返却忘れがないように気をつけましょう。

 

引っ越した先でも継続してインターネットを利用する場合、住所変更の手続きが必要です。

 

住所変更をする場合は引っ越し前の住居と引っ越し後の住居でインターネット利用のための環境に様々な違いがある可能性があるので、一度インターネット会社に電話をして問い合わせてみるのがいいでしょう。

 

インターネットの工事予約

 

f:id:mitchaki:20190325205325j:plain

インターネットを新たに契約して利用しようとする場合、ネット開通の工事が必要な場合がほとんどです。

 

引っ越してすぐインターネットを利用できるように引っ越しの1か月前から3週間前には工事予約をしておきましょう。

 

また、引っ越しのシーズンである2月、3月などは工事予約が取れない可能性もありますので引っ越しが決まったらすぐに予約するようにしましょう。

 

転校の手続き

 

f:id:mitchaki:20190325205507j:plain

まずは通っている小学校、中学校、高校に連絡しましょう。

 

電話やメールでも構いませんが、学校によっては細かな手続きがあることもありますし、一度学校に出向くのがおすすめです。

 

転校の手続きをすると以下の書類が発行されます。

 

学校・・・在学証明書・教科書給与証明書

役所・・・転入学通知書

 

これらは入学する際に必要になるのでなくさないように保存しておくようにしましょう。

 

また、高校生が転校する場合は編入試験が必要な場合があるため、あらかじめ引っ越した先で通う予定の学校に問い合わせておくとよいでしょう。

 

転居はがきの発送

 

f:id:mitchaki:20190325205617j:plain

必要な人は上司や友人、お世話になった人たちへ新しい住所を伝えるための転居はがきを準備しましょう。

 

理想的な発送タイミングは引っ越しの前の余裕を持った時期です。

 

引っ越し前に発送できていれば引っ越しの当日や翌日には届きます。

 

もし仮に引っ越し前に発送できなかったとしても引っ越し後2か月か3か月後までには発送するようにしましょう。

 

引っ越し後はやはりバタバタしがちなのであらかじめ発送しておくのがおすすめです。

 

自宅の固定電話の住所移転

 

f:id:mitchaki:20190325205711j:plain

携帯電話の住所移転はネットや携帯ショップで行うことができますが、固定電話は移転の工事が必要なので早めに工事の予約をするようにしましょう。

 

NTT電話についてはNTT東日本NTT西日本共に116番に電話することで手続きが可能です。

 

インターネットとセットで電話を利用しているひかり電話の場合は、ネットの移転手続きと同時に固定電話の移転手続きを行うことができます。

 

固定電話の移転手続きを忘れると基本料金を払い続けることになるので手続きは忘れないようにしましょう。

 

任せきりはダメ!業者に依頼する場合にやるべきこと

 

業者に引っ越しを依頼するとは言え、全てを任せきりにしていいわけではありません。

 

引っ越しを業者に依頼する場合に引っ越しの1か月前までにしておくべきことは以下の通りです。(1つだけなんですけどね笑)

 

 ●業者の選定

 

業者の選定

 

f:id:mitchaki:20190325205824j:plain

当然ですが、世の中に引っ越し作業を行ってくれる業者が1社しかないというわけではなく、引っ越し業務を請け負ってくれる業者は複数存在します。

 

そのため、依頼する業者によって必要な引っ越し費用や付属のオプションが異なってきます。

 

様々な要素が異なってくるため、どの引っ越し業者が1番良いとは一概には言えず、自分の引っ越しに合った引っ越し業者を探す必要があります。

 

自分の引っ越しに最適な引っ越し業者に引っ越し業務を依頼するためには、引っ越しの1か月前には最低3社の引っ越し業者に見積もりを出してもらい、その見積もりを比較するようにしましょう。

 

見積もりを出してもらうとは言っても、今はネットで複数の業者に見積もりを出してもらい比較することが可能ですので非常に便利ですよ!

 

www.ohikkoshi.net

 

準備は計画的に!自分自身で引っ越しをする場合にやるべきこと

 

自分自身で引っ越しをする場合には準備を全て自分で行う必要があります。

 

そのため、円滑に引っ越しを行うためにも計画的な準備を行うことが重要です。

 

安心して引っ越しを行うために引っ越しの1か月前までには行っておくべきことを紹介していきます!

 

道具の準備

レンタカーの手配

 

道具の準備

f:id:mitchaki:20190116165537j:plain

引っ越しのための荷造りは早めにすればするほど余裕を持った引っ越しを行うことができます。

 

荷物を詰めるための段ボール、段ボールの蓋を閉じるためのガムテープなど、荷造りに使うような道具は早めに準備しておきましょう!

 

レンタカーの手配

f:id:mitchaki:20190325210128j:plain

意外と忘れがちなのですが、軽トラックなどを借りる場合はレンタカーの手配も早めにしておく必要があります。

 

早めの手配が必要なのは、トラックなどの普段使いの少ない車種はレンタカー会社での取り扱いが少なく、手配が遅れるとレンタルできない可能性があるためです。

 

当日に店舗に直接行ってトラックを借りるというのは絶望的なのであらかじめ予約しておきましょう!

 

どの車をレンタルしていいか分からない!という人は以下の記事を参考にしてくださいね!

 
blog.mitchaki.com

 

最後に

 

引っ越しの1か月前にやるべきことを紹介してきましたが、冒頭でも伝えたように、余裕をもって引っ越しをするためにも、ここで紹介したこと以外でも、早めにできることは早めにしておきましょう!

 

この記事がみなさんの引っ越しの役に立てば嬉しいです!

 

お家探しで悩んでいる方がいたら以下の記事を参考にしてくださいね!


blog.mitchaki.com

 

前もって準備をして快適な引っ越しにしましょうね!